オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショアクロノグラフ について

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショアクロノグラフ は革新的なデザインで時計界にインパクトを与えました。

今回 ロイヤルオーク オフショア を代表する オフショア クロノグラフ についてご紹介いたします。 

オーデマピゲ ロイヤルオークオフショアクロノ 44mm ブティック限定 26405NR.OO.A002CA.01

カテゴリ オーデマピゲ ロイヤルオークオフショア
型番 26405NR.OO.A002CA.01
機械 自動巻き
材質名 セラミック・ピンクゴールド
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー グレー
文字盤特徴 アラビア
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 44.0mm
機能 クロノグラフ
デイト表示
付属品【詳細】 内箱
外箱
ギャランティー

ケース径44mmで、堂々とその存在感を主張する【ロイヤルオーク・オフショアクロノグラフ】。

ロイヤルオークシリーズの特徴でもある「メガ・タペストリー」模様のダイアルはそのままに、プッシュボタンガードを大きく再設計した為に前モデルよりも力強いルックスへと変貌を果たしました。
こちらはケースの素材に耐傷性・耐久性に優れたブラックセラミックと、高級感が漂うピンクゴールドを採用したブティック限定モデルとなります。
ムーブメントには両方向巻き上げ式、50時間パワーリザーブの自社開発キャリバー3126/3840を搭載。

オフショアクロノグラフは、ロイヤルオークが発表された1972年の20年後1992年に誕生しました。

デザイナーはエマニュエルギュエ。

彼はのちにロレックスのチェリー二などもデザインする名デザイナーです。

オフショアはロイヤルオークをベースに迫力のあるデザインを追加しました。

オフショアは大型ケース、大きなプッシュボタンとプッシュガードを備え、ロイヤル オークのデザインコードをよりスポーツウォッチに寄せたデザインとなっております。

当時はオフショアクロノグラフの迫力あるデザインには賛否両論ありましたが、現在ではこのデザインが受け入れられ、オーデマピゲの人気シリーズの一つとなっております。

オフショアクロノグラフはインダイヤルの配置が2種類あり、横目と縦目でムーブメントが異なります。

横目のインダイヤルはロイヤルオーククロノグラフに搭載されているムーブメント。クロノグラフを備えながら厚みを抑えたところが魅力的なポイントです。

【関連記事】:http://seed-corp.jp/diary.cgi

ディスカッションに参加

コメントなし

  1. 2022年のトレンドはチェックしているけど、着こなせるかちょっと不安‼という方も多いはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です