ダンヒル 2020年春夏コレクション、官能的かつ挑戦的な方法でクラシシズムを打ち砕く

ダンヒル(dunhill) 2020年春夏コレクションが、フランス・パリで発表された。テーマは、“クラシシズムの破壊”。

英国×日本のカルチャーに再び目を向けて
前シーズンに続き、今季もダンヒルは、英国と日本両国のカルチャーへと目を向けた。80年代のカントリーなムードが漂う英国のカジュアルファッション、そして日本独特のクラシカルなボリュームを取り入れながら、自由なスピリットを宿すスタイリッシュなルックを披露していく。

素材でラグジュアリーなムードをとじこめて
ゆったりとしたジャケットにワイドパンツ。本来のフォーマルウェアとは一歩距離を置いたリラクシングなシルエットのワードローブが並ぶ中、そこに確かな気品を感じさせるのはラグジュアリーな素材使いだ。

ランウェイには、通常イブニングウェアで使用される滑らかな光沢を放つファブリックや、プレス&ウォッシュ加工のウールシルクを使用したシャツやジャケットがラインナップ。また風を纏うたびにふわりとなびくネイビーのポンチョは、0.4mmの極薄ダブルフェイス・レザーで仕立てたリュクスな一着となっている。

“和服”を連想させるジャケット
散見されたのは、日本の着物の合わせを彷彿させるジャケット。ネイビーのボトムスと合わせた淡いグレーのジャケットには、同じく特徴的な襟合わせを持つシャツを差し込んで。伝統的な要素を取り入れながらも、アシンメトリーなカッティングが施された裾、肘までロールアップしたスリーブと、ラフなムードでコンテポラリーな表情に仕上げているのが面白い。

ボトムスのレイヤードスタイルも印象的だった。たっぷりとしたシルエットのスプリット・ヘム トラウザーズには、ハーフ丈のショーツをドッキング。スーツの着こなしに、本来あるはずのない官能的な要素が加わることで、これまでのクラシシズムを打ち砕いた、新しいニュアンスを生み出している。

破壊的なグラフィック
ひと際目を惹いたのが、日本人アーティスト・小林健太とタッグを組んだグラフィックプリント。歪みや曲線が交差する絵柄は、シルクコットンのシャツ、ペーパーナイロンのハット、バッグやシルクコットンのシャツ、ペーパーナイロンのハットなどに登場。ブラック、ネイビー、ベージュといったベーシックなカラーパレットを打ち壊すかのように時折現れては、観客に確かなインパクトをもたらしていた。

ベル&ロ BR 03-92 ダイバーブルー BR0392-D-BU-ST/SRB

ケース径:42mm
ケース素材:SS(サテン、ポリッシュ仕上げ)
防水性:300m
ストラップ:ブルーラバーとブラックのヘビーデューティー仕様シンセティック ファブリック
ムーブメント:自動巻き、Cal.BR-CAL.302
仕様:時、分、秒、日付、ブルーの陽極酸化処理アルミニウム インサート付きSS製60分目盛り付き一方向回転式ベゼル、ブルーの文字盤、スーパールミノバ® インサート付きメタルインデックス、メタルスケルトンのスーパールミノバ®加工を施した針、反射防止サファイアクリスタル風防

 ミリタリーと関連性の深いBell & Rossの時計は常に最も厳しい要請に応えています。空の世界、海の世界、GIGN(国家憲兵隊治安介入部隊)、RAID(フランス国家警察特別介入部隊)あるいは爆発物処理班といった特殊部隊に捧げられたBell & Rossの時計は、どれもがその中で進化を要求される極限の環境に合わせて設計されています。

 ダイビングの世界でBR 03-92 Diver BlueとBR 03-92 Diver Bronzeは海の要素に完璧に対応する計器として開発されました。Bell & Rossらしいデザインに加え、視認性、精度、信頼性が高く、あらゆる状況下のダイバーをサポートするこれらのモデルは実際に海中で使用する際の特殊な要請に応えます。

「全ての時計がダイバーズウォッチ」とは謳えません。本物のダイバーズウォッチの基準をきわめて厳密に定義する公式規定があります。最低100mの防水性能、目盛り付き一方向回転式ベゼルが付いていること、機能表示と夜光付きインデックスがあること、暗所でも視認性を失わないこと、耐衝撃および防磁保護装置があること等がISO 6425規格で必須とされている多くの技術的要素の一部です。新しいBR 03-92 Diver BlueとBR 03-92 Diver Bronzeが完璧に応えている要請事項は、要求されている最低限の基準を上回るものであり、特に防水性は300mの深度に耐えるものになっています。

ローマン・ゴティエ インサイトマイクロローター ホワイトゴールド限定モデル

ケース径:39.5mm
ケース厚:12.9mm
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性:5気圧(50m)
ストラップ:手縫いブラウンアリゲーター、18Kホワイトゴールド製ピンバックル
ムーブメント:自動巻、自社製、毎時28,800振動、80時間パワーリザーブ、33石
仕様:オフセンター時表示、 分・スモールセコンド表示、グランフーブラックエナメル製ダイアル(18Kゴールド製のベース)、18Kホワイトゴールド製針
限定:10本

 インサイトマイクロローター・ホワイトゴールド限定モデルのムーブメントはスイス・ジュウ渓谷にあるローマン・ゴティエのマニュファクチュールにて、設計から開発、製造、装飾、組み立て、そして調整までが行われています。ゴティエは、この時計を鑑賞する人々が、その壮観な構造と洗練された仕上げを瞬時に堪能することができるよう、インサイトマイクロローターのムーブメントの視認性をできる限り高めました。この作品が「インサイト(洞察力)」と名を有する理由はそこにあります。

 両方向回転式のマイクロローターは、逆転歯車によって実現しています。マイクロローターの回転方向が変わる際、逆転歯車の歯が逆に噛み合うよう働きかけられ、逆方向にもスライドするようになっています。

 ゴティエは、ルビーベアリングにそれぞれ取り付けられた2つの「受け(ブリッジ)」の間を、マイクロローターが回転するよう設計しました。金属対金属の接触を避けることは時計作りにおける原則なので、金属対ルビーとなるようにしたのです。ルビーは摩擦係数が低いのに対し耐摩耗性に優れるため、この装置では例えば雑音や摩耗をもたらす恐れのある金属製ボールベアリングではなく、滑らかかつ音を出さないマイクロローター回転を実現する、この赤い石を採用しました。

 このマイクロローターの相対的重量を考慮し、下部からの1つの「受け(ブリッジ)」の支えしか無いフライングローターの採用は避けました。その代わりとして、上部および下部から2つの「受け(ブリッジ)」にサンドイッチのように挟まれた、より安定性の高いマイクロローターを設計しました。