では、現物の時計とNFTの時計はどちらが投資対象として優れているのか、あなたの持論はいかがでしょうか。

私が確認できるコレクターのなかには、現実の時計は嫌いだけどデジタルの時計は手に入るし、かっこよく見えるからという理由で購入した人がいます。また、これを見て「ああ、画像や映像だけなんだ。これにどんな価値があるんだ?」と思う人もいるでしょう。「本物の時計?ヨットマスターそんなの団塊の世代のものだ 」という逆の人もいます。私はどちらかというと、どちらも好きです。作るのが好きなんです。自分で作ったものが好きでこんなことを言うのは変ですが、自分が作ったものを見るのが好きなんです。本物の時計も好きで、ダトグラフが究極の1本ですね。

【ヨットマスター スーパーコピー】注目商品★ロレックス 偽物 42 226659_N級品

注目商品★ロレックス 偽物 ヨットマスター42 226659【N級品】
モデル: ヨットマスター42
外装: ホワイトゴールド
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 42mm
バンド材質: オイスターフレックス
ムーブメント: Cal.3235
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 100m
耐磁: あり
アップサイジングしたヨットマスターは、より精悍な顔立ちに

ディープシーやヨットマスターIIに次ぐ42mmケースへとアップサイジングされた、ヨットマスターの新作がこちらです。
42mmというと、40mmが主流のロレックスの中ではかなり大きめと言えるでしょう。さらに、これまでラグジュアリー一辺倒だったヨットマスターにはない黒基調。この部分も従来のヨットマスターと比べ、凛々しさが加わりました。
とは言え素材はホワイトゴールド、そしてセラクロムベゼルはマット仕上げになっており、他のスポーツロレックスとは一線を画したラグジュアリーさは健在。大人気のオイスターフレックスと組み合わさったことによって、やはり登場後に大人気&品薄を博したエバーローズゴールドのRef.116655を彷彿とさせるデザイン性です。もともとヨットマスターは、「ヨッティングを楽しむセレブの余暇」をコンセプトに作られました。そういったコンセプトは守りつつも、どこか野趣的な精悍さをも持ち合わせている新作です。

【関連記事】:https://kopishoping.tec29.com/

ディスカッションに参加

コメントなし

  1. その時計を振り返ることで、私は昔の自分、そして今の自分を知ることができた。ロレックスすべての時計には、何かしらのストーリーがあるのではないだろうか。たとえそれが、自分以外の誰かにとっては何の意味もないものであっても。私はそう思っている。

  2. コロナによって世界もライフスタイルも変化するなかで迎えた2022年。パートナーとして選ぶなら、強い力を秘め、永遠の輝きを放つダイヤモンドをあしらったジュエリーがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です