Apple Watchでも、純粋に見た目で楽しむことはできる。

天体の顔は、デザイン的にはあまりよいものではないが、このケースでは、トランスパーソナルで超越的な体験を感じさせるという点で、うまく機能する。地球のどの部分に光が当たっているのか、影ができているのか、惑星がどこにあるのかを見ることで、皮肉なことに初期の複雑時計の背景にあった、整然とした時計仕掛けの宇宙という視点に立ち返ることができるのだ。この組み合わせでは、単にコントラストを楽しむだけではなく、歴史的な根拠に基づいた象徴と意味の微妙な一体化を楽しむことができる。

 Apple Watchでも、純粋に見た目で楽しむことはできる。「火」や「水」の文字盤は、テクニカルなダイバーズウォッチ(またはクロノグラフなど)の美的な対極にあるだけでなく、珍しいオートマトンの懐中時計を除いては、機械式時計には真似できないものだ(例えば、ラ・ショー・ド・フォンの国際時計博物館には、回転するガラス棒を使って、かなり説得力のある滝のようなイリュージョンを作り出しているものが存在する)。

Apple Watch スーパーコピー38/42mm 18Kイエローゴールドケースとブラックスポーツバンド

手首が130-200mmの方にフィットします。
Apple Watch Editionの特長
18Kイエローゴールドまたはローズゴールドのケース
サファイアクリスタル
感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
セラミック裏蓋
Digital Crown
心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
環境光センサー
スピーカーとマイクロフォン
Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
Bluetooth 4.0
最大18時間駆動するバッテリー*
耐水仕様**
商品番号 iwatch007

この戦略のよいところは、自分が納得できる妥協点を見つけようとしているというよりも、手首を使ったマルチメディア・アート・インスタレーションを作っているように感じられることだ。

【関連記事】:http://oksim-corp.com/wp/wp-includes/assets/diary.cgi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です